conluxCONLUX
  1. ホーム > 
  2. 企業情報 > 
  3. 日本コンラックスについて > 
  4. 世界の市場を視野に

日本コンラックスについて

貨幣識別技術のパイオニアとして技術とマーケティングの接点を開拓する

グローバル体制で世界の市場を視野に

日本コンラックスは、2006年より米国における無人決済システムのリーディングカンパニーであるMEI社とグループ企業となり、 更に2013年12月より決済事業を中核事業の一つに持つクレーン社(本社:米国コネティカット州)にMEI社と共に加わりました。
コンラックス/MEIグループの加入により新たに統合されたクレーン社決済部門「CPI(Crane Payment Innovations)」では、 多様な決済処理装置の製造・販売を行っており、100以上の国や地域で決済処理システムとして稼働しております。 日本国内においては、これまで同様日本コンラックスが責任を持って、 また海外においてはCPIが主体となりお客様の決済関連事業の発展に貢献してまいります。

クレーン社およびCPIについては、「クレーン社/CPI」をご参照ください。

CONLUX/CPI の活動拠点